■抗菌銅 Cu+ 協賛企業 ニュース

新着情報の掲載サイトについて

今後の新着情報につきましては、カッパーフレンズサイトにて掲載いたします。

⇛ 新着情報一覧

高機能金属展レポート《2014.4.23》

2014年4月16日(水) ~ 2014年4月18日(金) 東京ビッグサイトにて行われた

第1回高機能金属展(メタル ジャパン)に日本銅センターが出展。

 

高機能金属展レポート.pdf
PDFファイル 241.7 KB

長良医療センター銅導入レポート《2014.4.23》

平成26年4月、独立行政法人国立病院機構 長良医療センターに銅製ドアハンドル・キーボード・小児用ベッドを導入。

長良医療センターCu+導入レポート.pdf
PDFファイル 272.5 KB

銅は命を救う方法として確立《2014.4.14》

環境保護庁によって、銅は2時間以内に感染症を引き起こす細菌の 99.9 % 以上を殺すと認定されたが、先入観・偏見から抗菌銅の設置は減速気味である。

 

①ガイドラインに従って手を洗えば十分

 事実:多剤耐性菌は増え続けている。手指衛生に関する全国ガイドラインに従っている人は50%以下であり、手洗いを忘れる場合もある。抗菌銅を試用して補完することが重要。

②コストがかかる

 事実:一部屋の接触面を銅に交換するのに $7,700 ~ $15,000 。感染症が20%減少すると想定して、1年以内に元が取れる。ICU における表面の約 10 % に銅を設置することで院内感染が58% 減少するとの調べもある。

③製品供給が限られている

 事実:抗菌製品の数は、2008 年に EPA 登録後急増した。現在、手すり、ドアハンドル 、 IVポール、ト レイ、カート、シンク、蛇口、コンピューターのキーボードなどがある。

④変色する

 事実:銅合金は成分の割合によって色・変色具合が変わる。ニッケルの割合が高いとステンレスのような銀色で変色が少ない。

 

Forbes2014.4.10

日本銅学会 平成2 6年度研究助成テーマ決定 《2014.4.11》

26-joseikin-ketei.pdf
PDFファイル 264.7 KB

世界初の抗菌銅医療用ベッドヘッドユニットが発売《2014.4.9》

世界初の抗菌銅の医療用ベッドヘッドユニットがついに発売、常に患者が近接し医療従事者が頻繁に触れるベッドヘッドユニットに銅の抗菌性を活用、感染症リスクの軽減を可能にした。

医療用ガス供給システムを専門とするポーランドの大手医療技術サプライヤー、INMED-Karczewscyが発表したMERYcareシリーズは、壁面にスペースが足りない集中治療室向けの壁面パネルで、利用しやすさと衛生面を念頭に置いた製品となっている。

「MERYcareベッドヘッドパネルは、清潔さと高い衛生基準が優先される集中治療室のための設計となっている」と、INMED-Karczewscyの最高経営責任者(CEO)トーマス・クザルネッキは言う。

「そのため、使用している仕上げ材は耐久性があり、凹凸がなく掃除も簡単だ。パネルには、医療ガスの排出口、電気スイッチ、コンセント、IVポール(点滴スタンド)に輸液ポンプ用ポール等、各種抗菌銅製の取付器具が、追加の衛生機器として備え付けられている」

銅には本来抗菌性があり、真鍮、青銅など、多くの銅合金もこの性質を持つ。総称して「抗菌銅」と呼ばれるこれら金属類は、栓、電灯スイッチ、手すりや作業台など手が触れる表面部分に利用され、感染症を引き起こす病原体を防ぎ、定期的な清掃によりこれら病原体を24時間365日能動的に除菌することができる。

世界銅センター2014/4/3
201449ベッドパネル.pdf
PDFファイル 175.0 KB

Keevil教授 ドイツで抗菌銅について講演《2014.4.8》

サウサンプトン大学のBill Keevil教授は、ドイツの病院衛生学会議で講演。多剤耐性菌や新しいウィルスの問題を解決するものとして銅の役割を強調。

同大学の研究で、銅の表面が多剤耐性菌の拡散を減らすことを実験した。米国国防総省の資金によりICUに設置された抗菌銅表面は、医療関連感染症にかかる患者のリスクを50%減らすということを証明した。

銅表面の設置は単独で行うものではなく、従来の手洗い・清掃に追加する感染症対策である。

世界銅センター2014/4/2
pr903-amc-hospital-hygiene-congress.pdf
PDFファイル 115.3 KB

さんむ医療センター銅導入レポート《2014.4.8》

平成26年3月、地方独立行政法人さんむ医療センター(312床)内一部のドア・トイレの手すりを銅製品に交換する工事を実施。

設置前後の細菌数を測定する実験を行う。

さんむ医療センターレポート.pdf
PDFファイル 379.1 KB

日本海総合病院に銅ベッド《2014.4.7》

平成26年3月27日、日本海総合病院(山形)において、人工透析室の感染症室に銅製ベッドおよびスタンドを導入したとの記事が同院HPに掲載されました。

日本海総合病院

フランスベッド㈱ カタログに銅製品《2014.3.31》

フランスベッド株式会社 「医療・福祉施設総合カタログ」2014年版に銅製ベッド・マットレスが掲載。

フランスベッド医療・福祉施設 総合カタログ抜粋.pdf
PDFファイル 2.7 MB

荒川病院 荒川保育園に銅装備《2014.3.31》

医療法人社団 医療法人社団 美誠会 荒川病院(鉄筋コンクリート 4階建・ 153 床)に 付帯 するあらかわ保育園で は、この度園児へ感染予防を図る目的で水栓シンクドアレバーなどの一般的な材質から殺菌効果のある銅を含んだ材質に変更する工事を行いました。

荒川病院保育園Cu+工事レポート.pdf
PDFファイル 261.2 KB

インフル流行、まだ収まらず 患者、前年同期の3倍

インフルエンザの流行が春になっても収まらない。国立感染症研究所が28日公表した調査によると、1医療機関あたりの患者数は最新1週間(17~23にち)で18・59人。前年同時期の6・75人に比べ3倍近い。ピークは過ぎたが、専門家は注意を呼びかけている。

朝日新聞2014.3.29

米国 銅の殺菌特性 大学の教科書に掲載《2014.3.26》

米国の3つの病院での臨床試験(シュミッツ教授ら)による銅の殺菌特性が大学の化学の教科書に掲載された

世界銅センター2014.3.25

翻訳文
2014.3.25翻訳文.pdf
PDFファイル 102.2 KB

韓国 ドクターコッパ―《2014.3.18》

韓国の病院・養殖場で銅を使用

東亜日報2013.4.12

日本語訳
東亜日報2013.4.12.pdf
PDFファイル 179.3 KB

韓国に抗菌銅ショールーム《2014.3.13》

 抗菌銅製品の韓国メーカー、YoosungTransglobal(2011年にユソンメタルの子会社として設立)は、ソウル・江南で韓国初の抗菌銅のショールームを開設した。  

 ユソンは、ヘルスケア部門の銅の抗菌性を促進し、家庭内の衛生を向上させるためショールームを利用する。訪問者は製品を見て触れ、感染の広がりを減らすために定期的なクリーニングや手洗いの補助として使用する方法を学ぶために招待されている。  

 

ショールームの製品:  

• ドアハンドル 

• ライトスイッチ 

• テーブルトップ 

• 携帯電話カバー 

 

 抗菌銅製カトラリーや床材のパネルも用意してあり、家庭用品、インテリア建材や家電製品と範囲を広げていこうとしている。  

 施設は現在、ユソンのメンバーと招待客に限定されているが、今年後半に公開する予定。 

ホクセイ株式会社 抗菌銅キッチン設備《2014.2.26》

中部日本の桑名を拠点とし、建築備品を取扱うホクセイ株式会社は、キッチンの排水溝を抗菌銅で製作した

 

黄銅や青銅のような銅及び銅合金は、急速に細菌・病原菌・真菌を殺し、汚染された表面を縮小するとの評判が広まり、日本でキッチン金物や設備市場でますます認められている。

 ホクセイ株式会社は、汚染表面の減少とその結果として衛生状態や不快な臭いの改善を目的として、販売範囲に銅製品を追加した。

 新製品のターゲットは、病院、学校及び企業の食事の準備をする厨房に特化している。

International Copper Association 

AntimicrobialCopperAsia2014Feb.pdf
PDFファイル 198.2 KB

あらかわ保育園 銅製品導入《2014.2.24》

医療法人社団 美誠会 荒川病院(鉄筋コンクリート4 階建・153 床)に付帯するあらかわ保育園で

は、この度、園児への感染予防を図る目的で水栓、シンク、ドアレバーなどを一般的な材質から殺

菌効果のある銅を含んだ材質に変更する工事を行いました。

荒川病院保育園Cu+工事レポート.pdf
PDFファイル 154.4 KB

日本銅センター ノロウィルスに関する記事《2014.2.24》

フィンランド:病院で銅製キーボード《2014.2.5》

 医療関連感染を除去する抗菌銅

世界で初めて、フィンランドのJorvi病院のIT回りには、頻繁に触れられる表面を通して感染拡大のリスクを減らすために抗菌銅の機器が装備された。救急病棟で医師や看護師が使用する机やキーボードは、細菌やウイルスを迅速に死滅させる金属固有の能力の恩恵を受けられるように銅および銅合金製品と交換された。心臓病病棟浴室のトイレとシャワーの手すり、ドアハンドルやトイレ便座も抗菌銅製品と交換された。

 「医療関連感染は医療従事者の手だけでなく、環境表面を介して拡大することを認識しています」とHUS  Jorvi病院のKirsi Skogberg衛生博士は指摘している。「当病院の救急室と浴室の中で最も頻繁に触れられる表面を特定し、それらの表面を銅製品に交換しました。これらは既存の感染制御対策を補強できる有望な新しいツールとなるでしょう」と同氏は続けた。

 
pr899-amc-jorvi.pdf
PDFファイル 110.6 KB

病院の経営幹部レベル管理者の監視リスト・トップ10に抗菌銅《2014.1.14》

「抗菌銅」は2014年「病院の経営幹部レベル管理者の監視リスト・トップ10(テクノロジー)」というタイトルでECRI研究所が発行する公文書内で強調して取り上げられた。

 

2014年1月9日

 

出版物で四番目のトピック(話題)として取り上げられたのは、医療施設内における「銅表面」の使用に関するものであった。病院内感染に関連するトラブルを説明する背景が紹介された。引き続き、戦略的に実施した「抗菌銅表面」の採用がどのようにして医療施設内で好ましい影響を認識する手助けとなったのかという点について、「抗菌銅表面」に関する好意的な論評により科学的な証拠が提示され、解説が加えられている。米国環境保護局(EPA, Environmental Protection Agency)試験プロトコル、国防総省が資金援助して実施された臨床試験、および現在カリフォルニア大学ロスアンゼルス校工学・応用科学部進行中の医療研究品質庁(AHRQ, Agency for Healthcare Research and Quality)が資金援助して実施された臨床試験により得られたデータを利用しながら、ECRI研究所が結論づけた。

世界銅センター2014/1/9

<募集>

日本メディカルGPO株式会社  賛助会員募集

日本メディカルGPO株式会社 賛助会員を募集しています。

⇒くわしくは「日本メディカルGPO株式会社 賛助会員募集」

(お問い合わせ)

 日本メディカルGPO株式会社

 〒162-0805
 東京都新宿区矢来町75番地
 電話 03-3513-0544
 FAX 03-3513-6041

 (メール